スポンサーサイト

2014.01.14 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    藤井貴文と卓球 サーブ 下回転のコツは?

    2014.01.14 Tuesday

    0


      練習でもあと一歩のところで負けてしまうことが多く、試合では1回戦で負けるのがいつも通りだったとしても、
      自分に欠けていたポイントを次々と埋めていくことができ、手っ取り早くレシーブした球に鋭さを持たせられるよう
      になる方法がこちら





      あなたも、下のような悩みのせいでのた打ち回るような日々を送っていないでしょうか??



      好調、不調の波が激しく、レシーブが安定しない

      ボールが大きく浮いてしまう

      相手への球の反応が遅れる

      ラリーの際、ミスが多く思った場所へ打てないのでなかなか続かない



      センスの高さにかかわらず、練習をしなければ卓球がうまくなる訳はありませんから、ある意味、練習量を多く持つことができれば、

      それだけ上達が早まる可能性が高くなるのは間違いありません。


      ただ間違えてはいけないのは、練習の質によっては、どれだけ熱心に取り組んだとしても、思うように上達することができないばかりか、

      体を変な風に使うことによって思いもよらないけがを招いてしまったり、間違った体の使い方を覚えてしまい、上達を余計に遠ざけることになりかねません。


      藤井貴文の試合に勝つための“必須”スキル2は、卓球上達に必要なコツをてっとり早く身に着けていくことができる卓球トレーニングシリーズの第2弾で、

      特にレシーブに焦点を当てて、どんなサーブでも鮮やかに打ち返せるようになります。



      藤井貴文さんとはちなみに、あなたも雑誌で名前を見かけたことがあるかもしれませんが、国際大会で優勝を果たしたり、

      国内の大会でも、優勝や殊勲賞などを数々のタイトルを獲得してきた人で、現在は、高田馬場で「卓球三昧」という卓球スクールをオープンさせています。


      レシーブ成功率をアップさせるためには、確かに国内外のトップ選手と張り合うためには、細かい技術の違いであったり、高度なテクニックを覚えていく必要があるものの、

      身近なアマチュア大会などで上位入賞を狙うことを目標としていたり、とにかくライバルに勝ちたい!という程度ならば、

      試合に勝つための“必須”スキル2にあるように、1つのスイング動作だけを身に着けるだけで十分です。


      サーブには具体的に、7種類の回転があるわけですが、いずれにしても、ラケットを右から左へ引く動作を覚え、

      後はラケットの角度を変えるだけで、スムーズにボールを打ち返せるようになります。


      卓球では、打ち方をちょっと変えるだけで調子を多き崩してしまう人もたくさんいるわけですが、藤井貴文の試合に勝つための“必須”スキル2であれば、

      たった一つの打ち方を覚えるだけでよいので、いくつもの打ち方を使いわける必要がなく、頭の中が混乱してしまうことがありません。


      ただし、ボールの回転に合わせたラケットの角度など、ちょっとした微調整については、マニュアルをひと通り見た後に、

      自分でやってみなければ分からないと思いますので、その点を重点的に練習をするようにしてみてくださいね。



      相手の嫌がるレシーブができるようになる藤井貴文の試合に勝つための“必須”スキル2のサーブのスイング速度を加速させるポイントについてこちらでも詳しく紹介しています。




      元氣サポートルームkokokara 照喜名弘彦 口コミ評判
      体幹軸スイング 坂本龍楠 口コミ評判


      藤井貴文と卓球 レシーブ コツ動画

      2014.01.14 Tuesday

      0


        藤井貴文の試合に勝つための“必須”スキル2を実践するうえで気を付けてもらいたいのは、あなたが今まで経験したことをベースにしないことです。


        これまであなたがどんな風に練習をしてきたのかはわかりませんが、上達できずに伸び悩んでいる場合には、どこかに原因が潜んでいるのは間違いないはずです。


        では、その原因がどこにあるのかというと、実は、ごく基本的な体の動かし方などを間違えて覚えていたり、そういった知識が抜け落ちている点が考えられ、

        こういった「穴」を見つけて潰していくのは、今まで蓄えてきた知識や経験をゼロにリセットする気持ちで取り組んだ方が結果としてよりスムーズに上達していくことができます。



        藤井貴文の試合に勝つための“必須”スキル2ではそのため、抽象的な表現は避けて具体的な解説になるように工夫されていて、

        初心者でも無理なくレベルアップしていけるように、ごく基本的なことから徐々にテクニックのレベルを上げていきます。


        卓球に限らずどんなスポーツでも、高度なテクニックができるようになるためには、基本的なテクニックをしっかり身に着けておくことが重要で、

        逆に言うと、基本が穴だらけになっている場合には、難しいテクニックに挑んでも、うまく行ったりいかなかったりを繰り返すだけで、思うように上達することはできません。


        卓球のレシーブでは、相手の回転を読んで、それに合わせてスイング動作を切り替えなければいけないというのが従来の常識でしたが、

        「ボールを相手コートに入れること」を目標にすれば、本当にやらなければいけないことは意外なほどスリムになっていき、結果として1つのスイング動作を完璧に覚えてしまえば、どんな場面にも応用できる力を手に入れることができます。


        あなたも相手に打たれない鋭いサーブも打てるようになり、短い練習時間だけでも下のようになることができますよ。




        今よりも楽に、速い球を打てるようになる

        得点力を見違えるようにアップできる

        相手の嫌がるサーブ回転を習得できる

        相手の打球を苦もなく打ち返すことができる



        相手のサーブやレシーブに翻弄されぱなっしで、試合でも練習でも歯がゆい思いばかりを味わうのは今日で終わりにして、

        適切なグリップの力加減などを身に着けていき、自分の狙い通りにボールが決まっていく華麗な卓球ができるようになりませんか??





        藤井貴文の試合に勝つための“必須”スキル2で、自分の実力不足をいつまでも投げていないで、さっさと相手のミスを誘うクレバーなプレーができるようになるにはこちら







        +15pipsスキャルFX
        225デイトレNavi
        JUGEMテーマ:卓球


        1